Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

英検準1級の単語を攻略!合格に限りなく近づく方法3つ!

      2016/07/14

英検準1級に出る単語の覚え方3選!合格に限りなく近づける!

英検準1級に出る単語は、
決して難しくないです。

英語を母語とする中学生であれば、
普通は知っているレベルです。

正しい勉強法に沿ってやれば、
誰でも覚えることができます。

英検準1級に合格するための、
単語の覚え方をまとめました。

これから紹介する3つの方法で、
英検準1級に必要な単語を、どんどん覚えちゃいましょう!

Sponsored Link

英検準1級に出る単語のレベル

それではまず、
英検準1級に出る単語のレベル
把握しておきましょう。

導入部分でも触れたけれど、

英語を母語とする中学生なら知っているレベル

です。

私の主観を述べると、
「多少複雑なこと」は言えるけど、
知的な英語」とまではいかないレベルです。

ということで、
その程度の単語なんて、
チャチャっと覚えてしまいましょう!

英検準1級に出る単語を覚える方法1: 市販の単語帳を使う

さてそれではまず、
英検準1級合格のための
単語の覚え方1つ目からいきますね。

王道ですが、
市販の単語帳はやっぱり使ったほうが良いです。

最低、以下2つの単語帳を使いましょう。

  • Vocabulary Cartoons: Building an Educated Vocabulary With Visual Mnemonics
  • 出る順で最短合格! 英検準1級 単熟語

Vocabulary ~ は、
アメリカの9~12歳の子どもが、
中学生レベルの英語表現を覚えるのに使う本です。

アメリカの教科書なので、
当然、全て英語で書かれています。

出てくる英語表現には全て、
覚えやすいようにがついており、

更に1つの表現に対して、
3つの例文が付いています。

本の内容の一部は、
以下、Amazonのリンク内の
なか見!検索で確認できます。

Vocabulary Cartoons: Building an Educated Vocabulary With Visual Mnemonics

始めのうちはもしかすると、
英語で書かれた本で、
単語を覚えることに抵抗があるかもしれません。

でも、
英検準1級の合格を目指すなら、

英語を英語で覚える

ということに慣れておきましょう。

やってみると、
意外と簡単なものです。

日本で出版されている単語帳では、

出る順で最短合格! 英検準1級 単熟語

がおすすめです。

英検準1級に出る単語を覚えるには、
ベストの本だと思います。

出る順で最短合格! 英検準1級 単熟語
(Amazonに飛びます)

ここで紹介した
2冊をしっかりこなせば、
語彙問題で8割は取れるでしょう。

英検準1級に出る単語を覚える方法1: 市販の単語帳を使う

英検準1級に出る単語を覚える方法2: Weblioを使う

英検準1級対策の単語帳がメインなら、
Weblioはその補助的な役割を果たします。

詳しくは、

目標に合わせて効率的に英単語を増やそう!Weblioを活用した英単語の覚え方

を参考にしてほしいんですが、
英語辞書サイトWeblioでは、
英検の級別単語テストが受けられます。
(英検の語彙力診断テスト)

こちらにも簡単に、
英検準1級用の語彙力診断テストを
受ける手順を書いておきます。

  1. Weblioのトップページにいく(Weblio)
  2. 無料で会員登録して診断をクリック
  3. ユーザー情報を入力する
  4. ユーザー情報の確認が表示される。
    間違いが無ければ、「上記の内容で登録する」をクリック
  5. 語彙力診断テストの種類から「英検」を選択
  6. 「英検の語彙力診断テスト」で「準1級」を選択

パソコンからもスマホからも使えますが、
基本スマホから使うと良いでしょう。

(パソコンを使える環境なら、
単語帳を開いて勉強したほうが良いです)

例えば、

  • では単語帳で勉強
  • 電車での移動中などはWeblioの単語テスト

といった感じです。

WeblioはiPhone、
Androidの双方にアプリがあります。

お持ちのスマホに入れておくと便利ですよ。

スマホからこの記事を見ているなら、
下のページからインストールできます。

英検準1級に出る単語を覚える方法3: 知らない単語はとにかく覚える

英検準1級を受けるなら、
沢山の英文を読んだほうが良いです。

沢山の英語を読む主な理由は、

長文読解問題対策

なのですが、
単語を覚えるのにも、
是非、活用しましょう。

小説でも新聞でも良いのだけれど、
あなたが興味のあるものを、
どんどん読んでいきましょう。

英文のレベルを選ぶ必要は無いけど、
あえて言うなら、以下のものが良いでしょう。

  • 一度読んだことのある小説の英語版
    (日本人作家の英訳も可)
  • 日本語注釈つきの英字新聞
    (↓のThe Japan Times STがおすすめです)

英文を読みながら単語を覚えるメリットは、
以下の2つです。

  1. 英検2級以下のレベルで知らない単語を覚えられる
  2. 英検準1級以上のレベルの単語を覚えられる

1については、
2級以下のレベルでも
知らない単語があるはずだから。

漏れ」というのは、多かれ少なかれあるはずです。

その「漏れ」ている単語が、
英検準1級合格の足を引っ張ることも…

ただ、英検準1級を受けるのに、
2級レベル以下の勉強をするのも面倒ですよね。

英文を読みながら補っていきましょう。

2については、
英検準1級のテストにも、
稀に英検1級レベルの単語が出るから。

単語を知っていて悪いことは無いし、

英文を読む練習のついで

だと思って、
そういう単語も覚えておきましょう。

小説や新聞で英文を読んでいく中で、
知らない単語があれば、ボールペンや
鉛筆で下線を引きましょう。

ある程度英文を読んだら、
単語を後から調べればOKです。

あくまでも、
長文読解問題対策の勉強なので、
英文を理解することに重点を置いてください。

英文読解力もついて、単語も覚えられてラッキー♪

くらいの気持ちでOKです。

英検準1級の長文対策については、
↓の記事で詳しく書いています。

⇒ 英検準1級の長文を攻略!目指す正答率は100%だ!!

英検準1級に出る単語を覚える方法3: 知らない単語はとにかく覚える

英検準1級に出る単語の覚え方3選!合格に限りなく近づける! まとめ

英検準1級に出る単語は、
決して難しくはありません。

  1. (英検準1級用の)市販の単語帳を使う
  2. Weblioを使う
  3. 知らない単語はとにかく覚える

の3つの方法で、
チャチャっと覚えてしまいましょう。

1メインの勉強で、
2がそれを補強するものです。

3は沢山の英文を読みながら、
単語も覚えちゃうという、
一度で二度美味しい方法です。

英検準1級は難しくない!
そういうスタンスで、単語をどんどん覚えましょう♪

あなたの準1級合格を応援しています!

 - 英語学習法