Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

目標に合わせて効率的に英単語を増やそう!Weblioを活用した英単語の覚え方

      2015/10/26

Weblioを活用した英単語の覚え方 アイキャッチ

一生懸命勉強しているのに、なかなか英単語が覚えられないという悩みはありませんか?自分のレベルにあったものを優先して覚えることが、TOEICや英検、大学入試対策の英単語を効率的に増やす一番の近道です。無料の辞書サービスWeblioを使うと、レベルに合わせた英単語学習ができます。あなたの学習効率が格段に上がります。

この記事ではWeblioを120%活用して、英単語を増やす方法をご紹介します。
ぜひ普段の英語学習に取り入れて、あなたの英単語の増強に役立てて下さい。

Sponsored Link

Weblio語彙力診断の使い方

  1. Weblioのトップページにいく


    Weblioを活用した英単語の覚え方 Google検索結果

  2. 無料で会員登録して診断をクリック

     

    注  会員登録をしなくても、語彙力診断は可能ですが、登録することで以下の4つが可能になるため、登録することをおすすめします。会員登録は無料です。

    1. 間違えた英単語を単語帖に登録できる
    2. 診断結果を保存できる
    3. スコアランキングに参加できる
    4. 診断テストを連続5回まで実施できる(未登録の場合は3回)


    Weblioを活用した英単語の覚え方 Weblio トップページ

  3. ユーザー情報を入力する

    Weblioを活用した英単語の覚え方 ユーザー情報の入力

  4. ユーザー情報の確認が表示される。間違いが無ければ、「上記の内容で登録する」をクリック

    Weblioを活用した英単語の覚え方 ユーザー情報の確認

  5. 語彙力診断テストを受けるをクリック

    Weblioを活用した英単語の覚え方 登録完了

  6. 語彙力診断テストを受ける(25問)をクリック

    Weblioを活用した英単語の覚え方 語彙力診断テストを受ける

  7. 語彙力診断テストが開始する
    Weblioを活用した英単語の覚え方 語彙力診断テスト開始

1回のテストで、計25個の選択式の問題が出題されます。
問題には10秒以内に回答するようにしましょう。10秒以上かかった場合は、正解しても、正答としてカウントされません。また、出題された英単語の意味がわからなかった場合は、「わからないので飛ばす」をクリックしたほうが、スコアが良くなります。

英単語を覚えるのにWeblioを使う4つのメリット

メリット1: 自分のレベルにあった英単語を覚えられる

語彙力診断テスト(総合診断)では、あなたの英語の語彙力が診断できるようになっています。Weblio公式の説明は以下の通りです。

英語の語彙力レベル診断テスト(総合診断)について

英語語彙力診断テストは、英語の語彙力(ボキャブラリー・覚えている英単語の量)がどのくらいかを判定するためのテストです。 問題数は全部で25問です。英単語に対する適切な意味を選択肢から選ぶ形式のテストです。

英語の語彙力の評価の指標は、「問題に正解したかどうか」、「回答にどのくらい時間がかかったか」の2点です。

また、回答内容によって、ボキャブラリーに対する評価が随時変動し、次の問題の出題内容が変化します。 

一定時間内に回答して、正解すると、次に出題される英単語のレベルが上がります。

逆に、不正解だったり、回答に時間がかかりすぎたりすると、次に出題される単語のレベルは下がります。

テストでの正答数や回答にかかった時間に応じて、次に出題される英単語のレベルが調整されるので、テストを繰り返すことで、あなたの語彙力にあった問題が出題されるようになります。

間違えてしまった英単語、分からなかった英単語、たまたま正解した英単語は、診断結果が出た後で、単語帳に登録するようにしてください。その英単語があなたが今覚えるべき英単語です。英単語帖で何度も復習して、自分のものにしてしまいましょう。 

インターネット英語辞書を活用した英単語の覚え方  テスト結果

復習を繰り返すことで、あなたの英語力はぐんぐん伸びていきます。
効果的な単語帳の使い方については、メリット3で詳しくご紹介します。

メリット2:  TOEIC, TOEFL, 英検といった英語試験や大学入試にも対応

メリット1でご紹介した語彙力診断テスト(総合診断)は、英単語の語彙力全般を計るテストでした。
その他にもWeblioには、TOEIC,TOEFL,英検,大学入試それぞれの難易度にあわせたテストが用意されています。TOEIC,TOEFLで目標スコアのある方や、英検の各級や大学入試の合格を目指している方は、各試験にあわせたテストを活用しましょう。

TOEIC

TOEICを対象としたテストでは、目標スコア別に以下の6つがあります。

  1. 「470突破対策」
  2. 「600突破対策」
  3. 「730突破対策」
  4. 「860突破対策」
  5. 「950突破対策」
  6. 「総合診断」

TOEICで目標とするスコアがある方は、その目標スコアを対象とした診断テストをメインに利用しましょう。これからTOIECの受験を考えていて、自分の英語力がいまいち把握できていないという方は、まずは総合診断を受けてみてください。 

Weblioを活用した英単語の覚え方 TOEIC

TOEFL

TOEFLを対象としたテストでは、目標スコア別に以下の5つがあります。

  1. 「61突破対策」
  2. 「80突破対策」
  3. 「100突破対策」
  4. 「109突破対策」
  5. 「総合診断」

目標とするTOEFLスコアがある方は、その目標スコアを対象とした診断テストをメインに利用しましょう。これからTOEFLの受験を考えていて、どのスコアを目標にすればいいのか分からないという方は、まずは総合診断を受けてみてください。  

Weblioを活用した英単語の覚え方 TOEFL

英検

英検を対象としたテストでは、目標とする級ごとに、以下の7つがあります。

  1. 「5級」
  2. 「4級」
  3. 「3級」
  4. 「準2級」
  5. 「2級」
  6. 「準1級」
  7. 「1級」

英検を受験する方は、目標とする級を対象とした診断テストをメインに利用しましょう。TOIECやTOEFLとは異なり、英検用の総合診断はありません。

Weblioを活用した英単語の覚え方 英検

大学入試

大学入試対策の英単語を覚えるには、「大学や試験ごとの診断テスト」を利用しましょう。
以下5つの診断テストがあります。

  1. 「センター試験」
  2. 「二次試験頻出」
  3. 「難関大学」
  4. 「超難関大学」
  5. 「入試語彙力総合模試」

大学入試の準備がこれからで、ご自身の英単語の語彙力が客観的に把握できていない方は、まず「入試語彙力総合模試」を受けてから、英単語の勉強を始めると効率的です。

Weblioを活用した英単語の覚え方 大学入試

メリット3: 単語帖の機能が充実

英単語を覚えるには、復習がとても重要です。
Weblioには、診断テストで間違えたり、分からなかったりした英単語を登録できる、単語帳の機能があります。
この単語帖機能を使って、覚えていなかった英単語を自分のものにしていきましょう。

英単語を効率的に覚える英単語帖の使い方

1.Weblioのトップページから、英単語帖をクリック

Weblioを活用した英単語の覚え方 英単語帖クリック

2. 設定をクリックして、「音節」、「品詞」、「メモ」、「類語」、「共起表現」をそれぞれ表示に変更する。その後、設定を保存をクリック

Weblioを活用した英単語の覚え方 設定

3. 単語帖をクリックすると、間違えたり、分からなかったりした英単語が登録された単語帖が表示される

Weblioを活用した英単語の覚え方 単語帖

Weblioを活用した英単語の覚え方 画像登録

注: メモには例文やURLが記入できます。
URLの部分には、その単語でのGoogle画像検索結果のURLを記載しておくと、より単語が覚えやすくなります。

例えば、上の単語帳にある、taxonomyという英単語は分類学という意味です。
復習の際にtaxonomyという単語を覚えやすくするために、メモの中にある画像をクリックすると、以下の画像検索結果が表示されるようにしています。単語を写真やイラストと覚えるメリットについては、英単語をすぐ忘れてしまうあなたに|画像検索を使った英単語の覚え方を参照してください。

Weblioを活用した英単語の覚え方 taxonomy画像

英単語を登録した後は、単語帳を何度も見直して、意味や例文、登録した画像も一緒に確認しながら、どんどん英単語を覚えていきましょう。

英単語の復習テスト

単語帖に登録した英単語は、3種類のテストで復習することができます。
復習テストを何度も繰り返して、英単語の語彙力を強化しましょう。

Weblioを活用した英単語の覚え方 単語リスト

Weblioを活用した英単語の覚え方 復習テストの種類

選択式問題

単語帳に登録した英単語を、5択の選択問題で復習できます。

Weblioを活用した英単語の覚え方 復習選択テスト

フラッシュカード

問題がフラッシュカード形式で出題されます。
「答えを表示」のクリックで答え、発音、主な例文が表示されます。

Weblioを活用した英単語の覚え方 復習フラッシュカード

Weblioを活用した英単語の覚え方 復習フラッシュカード回答表示

スペルの書き取り(ディクテーション)

単語帳に登録した英単語の書き取り問題が出題されます。
空欄部分に、英単語のスペルを入力してください。
「答えを表示」をクリックすれば、入力したスペルの正誤が表示されます。

Weblioを活用した英単語の覚え方 ディクテーション

Weblioを活用した英単語の覚え方 ディクテーション正誤表示

メリット4: スマホアプリで、どこにいても語彙力テストと英単語の復習ができる

Weblioを利用するための無料アプリが、iPhone、Androidのどちらにもあります。
iPhoneをご利用の方は、「Weblio Viewer」というアプリをApp Storeからダウンロードすれば、WeblioをiPhoneから使えるようになります。
Andoroidをご利用の方は、「英和辞典(無料) Weblio英語辞書アプリ・和英辞書」というアプリをGoogle Playからダウンロードしてください。

スマホアプリがあれば、どこにいても語彙力テストと英単語の復習ができます。
スマホにインストールして、外出先でも英単語の勉強ができるようにしておきましょう。
スマホからこのページを読んでいる方は、以下のリンクからアプリをダウンロードできます。

・iPhone版アプリ: Weblio Viewer
・Android版アプリ: 英和辞典(無料) Weblio英語辞書アプリ・和英辞書

まとめ

Weblioのサービスを利用することで、目標達成に必要な英単語を効率よく覚えることができます。
英語の資格試験や大学入試の対策にWeblioを活用して、あなたの目標を達成しましょう。

あなたにお勧めの英語学習に関する記事はこちら

 - ボキャブラリー