Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

羊を使った15の英語表現 | 読むと英語力も豆知識も増える

      2015/10/08

羊を使った15の英語表現

羊を英語で言えますか?sheepは有名なので知ってますよね。他にもオス羊、メス羊、子羊、食べ物の羊に対して固有の表現があり、ネイティブは使い分けています。この記事では羊の英単語の違いを確認した後、羊に関するイディオム・スラングや、羊飼い、ひつじ年等の表現を紹介。読めば英語力と豆知識が増えます。

Sponsored Link

この記事ではこれから、羊を使った英語表現を紹介していきます。大きく以下3つの構成に分かれています。

  1. 羊を意味する英単語
  2. 羊を使った英語表現
  3. 羊の英語豆知識

1.では、羊を意味する英単語を表にまとめています。それぞれに対応する日本語と、Googleイメージ検索の結果を参照にして下さい。

2.では、羊を使った英語のイディオムを紹介します。羊が英語という言葉の中でどのように扱われているか、楽しんでください。

最後の3.では、「羊飼いを英語で何と言う?」等の、羊に関する英語の豆知識を紹介します。
それでは羊関係の英語を見ていきましょう。

羊を意味する英単語

早速、羊を意味する英単語です。英単語を並べて、「これはオスの羊ね、これがメスの羊ね」と書いていってもいいんですが、それじゃ分かりづらいし、混乱しますよね。
整理して覚えやすくするために、羊の英単語を表にしています。画像検索結果のリンクをクリックすれば、それぞれの羊のイメージが出てくるので覚えやすいですよ。

日本語英単語画像検索結果
羊全般sheepsheep
オス羊ramram
メス羊eweewe
子羊(の肉)lamblamb
成長した羊の肉muttonmutton

※ 表の中の羊を意味する英単語の中で、sheepには複数形の場合もsがつきません。

(画像検索を使った英単語の覚え方については、『英単語をすぐ忘れてしまうあなたに|画像検索を使った英単語の覚え方』を参考にして下さい)。

羊を使った英語表現

ここからは羊を使った英語表現を紹介します。全部で15個あります。

a wolf in sheep’s clothing

「おとなしく無害なフリをしていて、実は危険な人」のことを指す表現です。そのまま、羊の皮を着たオオカミと訳されることが多いですね。偽善者と訳す場合もあります。
“a wolf in a lamb’s skin”と言い換えることもできますよ。

Be careful! Isono is a wolf in sheep’s clothing.
(訳) 気をつけて! 磯野は羊の皮を着たオオカミだから。

swallow a sheep’s eyeball

文字通りに想像するとぞっとしますが、「思い切ったことをする」という意味で使います。
逐語訳をすると、「羊の目玉を飲み込む」になります。
一応説明しておくと、”swallow”は飲み込むという意味の動詞、”eyeball”は目玉という意味の名詞です。

return to one’s muttons

「本論に戻る」、という意味です。
以下のように使います。

Let us return to our muttons.
(訳) 本論に戻ろうじゃないか

“return”の代わりに、”get back”を使うこともできます。また、”muttons”を”sheepと言い換えることも可能です。

count sheep

これは日本語にもすっかり溶け込んでいますね。「(眠れないときに)羊を数える」、という意味で使われます。頭の中で柵を越えていく羊を数えるあれです。

この表現に関連して、『徹夜を英語で言えますか?良く眠らないと覚えられませんよ』という記事も書いています。是非、併せてお読み下さい。

lamb down

「(金を)使わせる,有り金を巻き上げる」,「(金を)すっかり使ってしまう」という意味の表現です。
オーストラリアとニュージーランドで使われています。

羊を使った15の英語表現

separate the sheep from the goats

「善(人)と悪(人)とを区別する」、「役に立つ人と役に立たない人とを区別する」という意味の、聖書に由来する表現です。英語では羊(sheep)は善人、ヤギ(goats)は悪人を意味することがあります。
なお、この表現の中の”separate”は、”tell”, “divide”, “sort”に言い換えることもできます。

(as) quiet as a lamb

「とてもおとなしい」ことを意味する表現です。子羊のように静かだということですね。
以下のように使うことができます。

A baby sleeps soundly, quiet as a lamb.
(訳) 赤ちゃんはとてもおとなしく、ぐっすり眠っている。

mutton dressed (up) as lamb

イギリスで使われる表現で、「セクシーに見せようと若作りしている女性」のことを意味します。
記事の始めにも書いたので繰り返しになっちゃいますが、muttonは成長した羊の肉、lambは子羊という意味の英単語です。

Your grandmother is mutton dressed up as lamb.
(訳) 君の婆さんはセクシーに見せようと若作りをしているな。

the black sheep of the family

「家族や集団の中でのけ者になっている人」のことを指す英語表現です。単に、”a black sheep”, “the black sheep”と表現することもあります。白い羊の群れの中に一匹だけ黒い羊がいるというところを想像すれば、覚えやすいですよ。

 

羊を使った15の英語表現

in two shakes of a lamb’s tail

「たちまち」、という意味の英語表現です。羊がしっぽを2振りする間を、「たちまち」と捉えているんですね。以下のように使うことができます。

I’ll be with you in two shakes of a lamb’s tail.
(訳) いますぐあなたのところへ行くわ。

“in two shakes of a duck’s tail”と言うこともできます。

The lion lies down with the lamb.

ライオンと羊を使った英語のことわざで、「平和が訪れる」、「友好的になる」という意味です。ライオンが子羊と一緒に横たわっている、という状況は確かに平和ですね。

(as) gentle as a lamb

「とてもおとなしい」ことを意味する表現です。以下のように使います。

Satoshi is as gentle as a lamb and wouldn’t hurt anyone.
(訳)サトシはとてもおとなしいので、誰かを傷つけることはしないでしょう。

may as well be hanged for a sheep as a lamb

「どうせ(悪いこと)をするならとことんまでやったほうが良い」、という意味で使われます。
逐語訳すると、「子羊を盗んでも絞首刑になるのなら羊を盗んだほうがましだ」ということになります。その昔、イギリスでは羊泥棒をすると死刑になったことに由来することわざです。”may”の代わりに、”might”を使うこともできます。
日本語での類似表現には、「毒を食らわば皿まで」がありますね。

cast a sheep’s eye at …

「色目を使う」、という意味で使われる英語表現です。羊の目のように、潤んだ目で人を見る仕草に由来します。以下のように使えます。

Lisa was making sheep’s eyes at Tom all evening.
(訳) リサはその夜ずっとトムに色目を使いつづけた。

follow like sheep

「(羊のように)おとなしく従う, 盲従する」、という意味です。以下のように使うことができます。

Our children followed us around like sheep.
(訳) 子どもたちはおとなしく私たちの後についてきた。

英語のsheepは、従順な人という意味で使われることもあります。

羊の英語豆知識

最後に羊に関する英語豆知識を簡単にご紹介します。軽い気持ちで読んで下さいね。

羊飼いを英語で何と言う?

羊飼いは英語で、shepherd(男性の場合)、shepherdess(女性の場合)といいます。

メリーさんの羊を英語で何と言う?

童謡で有名なメリーさんの羊、英語ではMary Had a Little Lambというタイトルです。
皆さんも子供の頃に歌ったことがあるんじゃないでしょうか。

未年(ひつじ年)を英語で何と言う?

ひつじ年は英語で、the year of the Ramといいます。

羊が一匹、羊が二匹・・・

眠れない時に、羊が一匹、羊が二匹と数える方法がありますが、英語ではone sheep, two sheepと表現します。 

羊の鳴き声

羊の鳴き声は英語で、”maa”と表記します。

迷える子羊

牧師さんが説教の際に使う迷える子羊表現は、英語ではa stray sheep[lamb]といいます。

羊をめぐる冒険

村上春樹の小説、羊をめぐる冒険の英語タイトルは、A Wild Sheep Chaceです。

羊の英語表現まとめ

羊は従順なイメージがあるので、平和な表現はばかりかと思ってたんですが、過激なものもありましたね。”count sheep”は日本でもすっかりおなじみですね。
私のお気に入りは”mutton dressed up as lamb”です。使う機会は無いんだろうなー。

その他のお勧め記事も、是非、読んでみて下さいね。

あなたにお勧めの英語表現の記事はこちら

動物を使った英語表現記事一覧

 - ボキャブラリー ,