Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

フクロウを使った5つの英語表現 | 夜に関することだらけ・・・ 

      2015/11/26

フクロウを使った5つの英語表現

フクロウは夜行性。英語の表現の中でフクロウがどのように使われているのか調べてみたら、やっぱり夜に関することだらけです。フクロウを意味する英単語に触れた後、フクロウに関するイディオムとスラングを紹介。実用的な表現が多いので英語力が磨かれます。

Sponsored Link

この記事ではフクロウに関する英語を、大きく3つに分けて紹介していきます。

  1. フクロウを意味する英単語
  2. フクロウを使った英語表現
  3. フクロウの英語豆知識

1.では、フクロウに関係する日本語と英単語、そして英単語のGoogle画像検索結果を表にまとめています。画像検索結果を見れば、英単語が視覚的に記憶に定着しやすくなります。ぜひクリックするようにしてください。

2.では、フクロウを使った英語のイディオムとスラングを紹介します。5つと少な目ですが、フクロウらしい面白い表現が多いですよ。

3.では、英語でのフクロウの鳴き声等、豆知識を紹介します。

フクロウを意味する英単語

「フクロウを意味する英単語」なんて書いておりますが、フクロウを意味する英単語はowlだけです。
だけなんですが、フクロウと似た鳥にミミズクっていますよね。フクロウとミミズクの間に生物学的な分類の違いはないそうです。

世間一般に認識されているのは、耳がないのがフクロウで、耳があるのがミミズクですね。あれ、実際には耳じゃなくて羽毛のようですが。

Wikipediaには、「ミミズクを総称する英語はない」と書いてありました。ですが、owlに形容詞をつけることで、一応、ミミズクの呼称はあるんです。

フクロウはowlで、ミミズクはeared owl, もしくはhorned owlと言います。
ということで、owlとeared owl[horned owl]の違いを表にしました。イメージ検索結果もクリックしてみてくださいね。

日本語 英単語 イメージ検索結果
フクロウ owl owl
ミミズク

eared owl

horned owl

eared owl

horned owl

イメージ検索結果を見てもらえればわかりますが、owlの結果にも耳(に見える羽毛)がある奴らがちらほらいますね。英語ではowlはフクロウとミミズクの総称ってことですね。

(画像検索を使った英単語の覚え方については、『英単語をすぐ忘れてしまうあなたに|画像検索を使った英単語の覚え方』を参考にして下さい)。

フクロウを使った英語表現

ここからはフクロウを使った英語表現のご紹介です。たった5つですが、その内3つが夜に関係する表現。さすが夜の鳥、フクロウですね。

night owl

「夜型人間」、「いつも遅くまで起きている人」「夜遅くに働くのを好む人」のことを英語ではこのように言います。

(用例) My father is a night owl and usually drinks until 3:00 A.M.
(訳) 僕の父はいつも遅くまで起きていて、普段は午前3時まで酒を飲んでいる。

反対の表現には、early birdがあります。「朝方人間」という意味です。

fly with the owls

「夜遊びをする」という意味の表現です。夜にフクロウと一緒になって飛び回ってるイメージですね。色々と調べてみたのですが、何冊かの英和辞典以外には、この表現は見つけられませんでした。現在はほとんど使われていないようです。

like a boiled owl

俗語で、「 ぐでんぐでんに酔っ払って」という意味です。以下は私の実体験を元にした例文です。

(用例) I used to get home like a boiled owl late at night.
(訳) 僕はかつて、ぐでんぐでんに酔っ払って深夜に帰宅していた。

likeはasに言い換えることができます。
また、Drunk as a boiled owlという言い方もあります。

bring owls to Athens

「余計なことをする」「蛇足をつける」という意味で、ことわざとして使われます。

フクロウはアテネの象徴であり、アテネで使われる銀貨のデザインにもフクロウが使われていたことから、この表現ができました。

bringはcarryやsendと言い換えることができます。

(as) wise as an owl

「とても賢い」ことを意味する表現です。以下のように使います。

(用例) Greg is as wise as an owl and it seems like he knows every thing.
(訳) グレッグはとても賢く、何でも知っているように思える。

フクロウが多くの神話や物語で知恵に関連付けられて来たことから、この表現ができました。

※ 賢いという意味の英語表現は、『「賢い」を意味する英語表現を解説・例文付きで21個紹介』でまとめています。是非、併せて読んで頂けると嬉しいです。

フクロウの英語豆知識

フクロウの鳴き声

英語では、hootと表記するそうです。日本語では「ホーホー」ですね。

フクロウのような

owlishでフクロウのようなという意味です。英語にはこんな形容詞もあるんですね。眼鏡をかけて, 丸顔で, まじめそうな様子をいうそうです。でも、夜歩きするという意味の形容詞として使うこともあるようです。正反対の意味で使えるんですね。

フクロウの英語表現まとめ

夜の表現に深く関係しながら、”wise as an owl”では「とても賢い」という意味になる、英語でのフクロウはカッコいいですね。いつも”like a boiled owl”な私も見習いたいと思います。

以上、フクロウを使った英語表現でした。

お勧めの英語表現の記事はこちら

無料で24回のレッスンが受けられるスカイプ英会話徹底比較!
動物を使った英語表現記事一覧

 - ボキャブラリー ,