Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

英語の「さらに」をいくつ知ってる?今日から使える14選!

いきなりですけどあなたは、
さらに」って英語で言えますか?

「さらに」ってよく使うけど、
英語だとパッと出てこないんですよね。

知らない表現は使いこなせない…。

だったらどうすればいいか?

徹底的にマスターすればいいんです!

この記事では
英語の「さらに」を使いこなせるよう、
例文つきで12種類紹介!

表現と例文をじっくり読む

のはもちろんのこと、

自分ならどう使うかをイメージすると、
表現が身につきやすいですよ^^

Sponsored Link

まずは一番よく使う英語の「さらに」を5つ紹介

この記事は3ページに分かれています。

1ページ目では、
一番よく使われる英語の「さらに」を紹介しますね^^

further

距離に関連して、
さらに遠くに、もっと先に、という意味で使ったり、

[程度時間範囲]に関連して、
さらに進んで、それ以上に、という意味で使う「さらに」です。

例文:
I can’t walk any further.

訳:
もうこれ以上歩けないよ。

例文:
Let’s discuss the case further.

訳:
この件についてさらに議論しよう。

farther

距離に関連して、
さらに遠くに、もっと先に、という意味で使ったり、

[程度時間範囲]に関連して、
さらに進んで、それ以上に、という意味で使う「さらに」です。

furtherと同じに見えますが、
違いについては例文の下で触れます。

例文:
How much farther have we to go?

訳:
この先どれくらいあるのだろう?

例文:
My voice carries farther than his.

訳:
私の声は彼の声よりよく通る。

furtherとfartherの違い

further は「程度もしくは量」、
farther は「距離」に、
に使い分けるのが本来の用法とされています。

ただ実際の口語では、
どちらの場合もfurtherをよく使います。

またアメリカ人もfurtherを多用するようです。

私が英語を書く際は、furtherを使うようにしています^^

too

これは有名ですね!

~もまた、~も同様に、
という意味を持った「さらに」です。

例文:
I have a cat, and a parrot too!

訳:
私はネコだけじゃなくてオウムも飼ってるの!

ネコとオウム

also

~もまた、その上に、
という意味の「さらに」です。
tooを固いニュアンスにしたものです。

例文:
Yoshio is thin, and he is also tall.

訳:
ヨシオは痩せていて、背も高い。

as well

このas wellも、
~もまた、その上に、
という意味の「さらに」です。

tooより柔らかいニュアンスです。

例文:
Mr. Zuckerberg gave me clothes, and money as well.

訳:
ザッカーバーグさんは僕にお金と、さらにお金までくれた。

1ページ目では有名な英語の「さらに」を紹介しました^^

どうですか?全部知ってましたか?

もし知らなくても気にしないで!
覚えればいいだけです^^

それじゃ英語の「さらに」の紹介、
2ページ目に進んでください↓↓


Sponsored Link





  おすすめトピック

 - ボキャブラリー