Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

「赤子の手をひねる」は英語でこう言う | 日本語のこの表現ひどすぎない?

      2015/10/09

OpenClipartVectors / Pixabay

「赤子の手をひねる」を英語でどう表現するかご存知ですか?そのまま英語に直訳しても意味は通じません。非人道的なこの表現、とても簡単という意味ですが、英語には似たニュアンスのイディオムが3つあります。3つ全部覚えるとあなたの英語力が少し伸びます。

Sponsored Link

英語に限らず、外国語を学ぶメリットの一つは母語を客観的に見る視座が得られるってところですよね。

それにしても、最初に「赤子の手をひねるようなもの」って言葉、一体どこの誰が簡単って意味で使いだしたんでしょうかね?そりゃー、物理的に考えれば簡単ですよ。でも、人間には良心ってものがあるでしょう。愛らしい赤ちゃんの姿を見ていたら、ひねれるわけ無いでしょう。そんなことが出来る奴は阿鼻叫喚地獄に落ちればいいんですよ。

閑話休題

ではここから、英語での赤子の手をひねるようなものを紹介します。用例もつけ加えておきますね。

英語で「赤子の手をひねる」はこう言う

これから、以下3つの「赤子のてをひねる」を紹介します。

  • (like) child’s play
  • no sweat
  • hands down

それではどのように使われるかを見ていきましょう。

(like) child’s play

用例: Reporter: Can you choke Chono off ? Hosei: That’s like child’s play to me.
訳: レポーター: 蝶野を窒息させられますか? 方正: 赤子の手をひねるようなものです。

※1988年に製作されたホラー映画『チャイルド・プレイ』はこの表現から来ているんですね。

no sweat

用例: Reporter: Chono is one of the most highly experienced wrestler. Hosei: I can handle him with no sweat.
訳:レポーター:  蝶野は最も経験を積んだレスラーの一人ですが。 方正: 奴をあしらうのは赤子の手をひねるようなものです。

hands down

用例: Reporter: Chono blustered that he would kill you in the next match. Hosei: I’m gonna beat him hands down.
訳: レポーター: 蝶野は、次の試合であなたを殺すと息巻いていました。 方正: 赤子の手をひねるように勝ってみせますよ。

hands downという表現はNHK実践ビジネス英語にも出てきました。
参考: hands downが出てきたNHK実践ビジネス英語の記事

英語の表現には非人道的なものはありませんでした。

以上、「赤子の手をひねる」という意味で使える英語表現でした。
他のお勧め記事は下のリンクからどうぞ!

あなたにお勧めの英語表現の記事はこちら

 - ボキャブラリー