Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

英語の「どういたしまして」は1つだけじゃない!16の表現を使いこなせ!

英語でどういたしまして

英語以外の言葉から入ってきた「どういたしまして」

外国語から英語に入ってきて、
日常的に使われるようになった「どういたしまして」もあります。

どの表現も、英語ネイティブの人達の間で、
良く使われる表現です。

こちらから使う必要は無いと思いますが、
話相手が使うかもしれません。

英語の映画ドラマの中でも出てきますよ♪

de nada

スペイン語から借用した表現で、
主にアメリカで使われる「どういたしまして」です。

(例文)
Thanks for your help.
De nada.

(訳)
手伝ってくれてありがとう。
どういたしまして。

Sponsored Link

no problemo

これもスペイン語から借用したもので、
アメリカで使われる「どういたしまして」です。

ニュアンスはNo problemとほぼ同じです。

ちなみに、スペイン語として考えると
文法的な誤りがある表現なんですが、
この形で英語に定着しています

(例文)
Thanks for coming.
No problemo.

(訳)
来てくれてありがとう。
どういたしまして / お礼なんていいよ。

英語の「どういたしまして」 | まとめ

英語の「どういたしまして」を16紹介してきました。

英語でも、
仕事相手に使う「どういたしまして」と、
お友達に使う「どういたしまして」を、
状況に応じて使い分けてましょう!

音読やタイピングを繰り返せば、
表現を覚えやすいですよ♪

Sponsored Link

「どういたしまして」というのは、
「ありがとう」といわれた後ですよね?

関連記事:

他の記事も、併せてお読みください♪

  おすすめトピック

あなたにお勧めの英語表現の記事はこちら





無料で24回のレッスンが受けられるスカイプ英会話徹底比較!

 - スピーキング ,