Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

英語の「どういたしまして」は1つだけじゃない!16の表現を使いこなせ!

英語でどういたしまして

英語で「どういたしまして」はYour’re welcome

これは誰でも知っていますね。

でも、「どういたしまして」と
伝える英語は他にも沢山あるんです。

16種類の英語の
「どういたしまして」を例文付きで紹介していきます!

ニュアンスを掴むために例文念入りチェックするのをおすすめします♪

あ、紹介する英語の「どういたしまして」を、

自分ならどう使うか

と考えながら読むと、
効果抜群ですよ!

この記事を読んで、
状況に応じて英語の「どういたしまして」
を使い分けられるようになりましょう♪

Sponsored Link

英語での「どういたしまして」は、
使う場所使う相手によって、
色々な表現を使い分ける必要があります。

英語の「どういたしまして」を
使いこなせるよう、この記事では
以下の3つに大きく分類しています。

  1. 丁寧な英語の「どういたしまして」
  2. カジュアルな英語の「どういたしまして」
  3. 英語以外の言葉から入ってきた「どういたしまして」

1. では、丁寧な表現
英語の「どういたしまして」を紹介します。

お客様や初対面の人には、
ここで紹介する表現を使うようにしましょう。

2. では、くだけた表現
英語の「どういたしまして」を紹介します。

友人間では、
ここで紹介する「どういたしまして」を使うのが自然です。

3. では、外国語から英語
入ってきた「どういたしまして」を紹介します。

さてさて、英語にはどのような
「どういたしまして」があるのでしょう?
楽しみですね♪

早速、見ていきましょう!

丁寧な英語の「どういたしまして」

知らない人初対面の人と話す時は、
日本語でも敬語を使いますよね。

英語でもまずは、
丁寧な表現を覚えておきましょう。

初対面でカジュアルな表現を使われると、
こころよく思わない人もいますからね。

それでは、
丁寧な言葉で相手に「どういたしまして」と
伝える英語表現を7種類ご紹介します。

理解を深めるため、
例文も併せて参考にして下さい。

英語で丁寧にどういたしまして

my pleasure / it was my pleasure

My pleasureだけで使うことも多いですが、
it was my pleasureというと、より丁寧な感じがでます。

直訳すると「それは私の喜びでした」ですが、
「どういたしまして」の意味で使われます。
とても素敵な表現ですよね♪

(例文)
Thank you for your time.
My pleasure / It was my pleasure.

(訳)
お忙しいところありがとうございました。
どういたしまして

it’s a pleasure

上のMy pleasure / it was my pleasureの変形です。

同じニュアンスで使われる「どういたしまして」です。

(例文)
Thank you very much for sending me so many bunches of flowers.
It’s a pleasure.

(訳)
あんなにたくさんの花束を贈って頂きありがとうございました。
どういたしまして

it’s nothing

直訳すると「それは何でもありません」ですね。
日本語の「礼には及びません」に相当する「どういたしまして」です。

表現の仕方が日英で似ていますね♪

(例文)
Thank you for helping me out last night.
It’s nothing.

(訳)
昨晩はご助力頂きありがとうございました。
どういたしまして / 礼には及びませんよ。

Nothing

don’t mention it

(相手から感謝された時に、
お礼なんていりません、という
意味で使う丁寧な「どういたしまして」です。

主にアメリカで使われます。

(例文)
Thank you for helping us.
Don’t mention it.

(訳)
お手伝いありがとうございます。
どういたしまして / それには及びません。

Sponsored Link

your’re welcome

英語で一番有名な「どういたしまして」ですね。

Thank youに対する最も一般的な受け答えです。

もっと丁寧にしたい時は、
You’re very welcomeや
You’re most welcomeと言えばOKです。

(例文)
Thank you for coming today.
You’re welcome.

(訳)
本日はお越し頂き、ありがとうございます。
どういたしまして

not at all

Thank youに対する一般的な受け答えで、
とても良く使われる「どういたしまして」です。
(You’re welcomeの次に良く使われます)

(例文)
Thank you for giving a fascinating presentation.
Not at ll.

(訳)
魅力的なプレゼンをありがとうございました。
どういたしまして

Not at all

think nothing of it

感謝の念や謝罪を示された時に使う、
丁寧な口語表現の「どういたしまして」です。

(例文)
Thank you so much for walking me home.
Think nothing of it.

(訳)
家まで送っていただき、ありがとうございました。
どういたしまして / とんでもない。

丁寧な英語の「どういたしまして」はここまで!

次は、カジュアルに伝える英語の「どういたしまして」です^^

↓からどうぞ♪

Sponsored Link



  おすすめトピック

 - スピーキング ,

英語の「どういたしまして」は1つだけじゃない!16の表現を使いこなせ!

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

Copyright© Upgrade Our English , 2015 All Rights Reserved.