Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

「くしゃみ」を英語で言えますか?

      2015/10/16

「くしゃみ」を英語で

くしゃみを英語で何と言うかご存知ですか?花粉症や鼻炎持ちの方にとっては、超重要単語だと思うんですが、答えられる人は少ないんですよね。くしゃみに関連する英語表現を、分かりやすく紹介。「くしゃみが出そうだ」等、意外と知らない重要表現が出てきます。

Sponsored Link

くしゃみをしない人って、いないですよね、たぶん。
でも、「くしゃみを英語で言えますか?」と聞かれてぱっと答えられる人はあまりいません。

安心してください。これから紹介する「くしゃみ」に関した英語表現を覚えれば大丈夫ですよ。

くしゃみは英語でsneezeです。

はい。くしゃみは英語でsneezeと言います。
このsneezeですが、名詞としても動詞としても使うことができます。
名詞、動詞、それぞれについてどう使うか見てみましょう。

名詞として使った場合: sneeze = 「くしゃみ」

例文: Just then Fune Isono gave a sneeze.
訳: ちょうどその時、磯野フネがくしゃみをした。

例文: Namihei Isono emits a formidable sneeze.
訳: 磯野波平はとてつもなく大きいくしゃみをする。

例文: Uncle Jam let out a loud sneeze.
訳: ジャムおじさんは大きなくしゃみをした。

例文: I couldn’t keep back a sneeze.
訳: 僕はくしゃみを抑えることができなかった

動詞として使った場合: sneeze = 「くしゃみをする」

例文: I think I’m going to sneeze!
訳: くしゃみが出そうだ。

これは重要表現ですよね。覚えておきましょう。

例文: When Tomoaki Ogura sneezed, his hairpiece was slipping out of his head.
訳: 小倉智昭がくしゃみをすると、彼のかつらがずれた。

例文: My nose is running and I can’t stop sneezing.
訳: くしゃみと鼻水が止まらない。

※ 鼻水については、『「鼻水」を英語で言えますか!?「鼻水が出る」等の重要表現をマスター!』で記事にしています。是非、ご一読下さい。

その他、「くしゃみ」に関する英語表現

くしゃみを使ったイディオムには以下のものがあります。

not to be sneezed at: バカにできない[考慮に値する]、相当なものだ。

このイディオムはnothing to be sneezed atと言うこともあります。
例えば、以下のように使います。

例文: It was an invitation not to be sneezed at.
訳: それはバカにできない申し出だった。

例文: Transportation expenses are nothing to be sneezed at.
訳: 交通費だって相当なものだ。

Bless you!: (くしゃみをした人に対して)お大事に

くしゃみをした人に対してのお大事には、Bless you!と言います。
God bless you! = 「あなたに神のお恵みがありますように」からできた表現です。
その昔、くしゃみが不吉なものとされていたことから、このように言うようになりました。

くしゃみの音

英語圏では、くしゃみの音を以下のように表記します。
[]内に発音記号も書いておきます。

  • a(h)choo [ɑːtʃúː]
  • atchoo [əʧúː]
  • atishoo [ətíʃuː]
  • kerchoo [kərtʃúː]

「くしゃみ」を英語で言えますか? | まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。
この記事に書いた内容を覚えれば、くしゃみに関する限り、日常会話で困ることはないと思います。
もし内容を忘れてしまったら、またこのページを読み返して頂けると嬉しいです。

以上です。他のお勧め記事にも目を通して頂けると嬉しいです。

あなたにお勧めの英語表現の記事はこちら

 - スピーキング


Warning /home2/jack1981/public_html/upgradeourenglish.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php 2895