Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

「うるさい」を意味する英語表現18選 | 例文付きで詳しく解説

      2015/10/09

「うるさい」という時の英語表現

「うるさい」を英語で言えますか?誰かのいびきがうるさいと言う時と、パーティー会場がうるさいと言う時では違う表現を使います。色々なニュアンスの英語の「うるさい」を解説と例文つきで紹介。状況に応じて表現を使い分ければ、英語力が格段に伸びます。

Sponsored Link

一口に「うるさい」と言っても、例えば、人が「うるさい」か、場所が「うるさい」かで言葉のニュアンスが違いますよね。
「うるさい」という表現が使われるのは、例えば以下のケースがあります。

  • にぎやかという意味の「うるさい」
  • 声が大きいという意味の「うるさい」
  • おしゃべりな人に対して感じる「うるさい」
  • 食器などが立てる音に対して感じる「うるさい」

上に書いたものも含めて、この記事では「うるさい」の意味で使う英語を、18個紹介します。

「うるさい」を意味する英語表現を例文付きで解説

それでは早速、「うるさい」という意味で使われる英語表現を見ていきましょう。
この中の表現をいくつの表現を知っているかチェックして見てください。
知らなかった表現を覚えて、さらに英語力がアップさせましょう。

noisy

(解説)
騒々しい、にぎやかな、声高の、といった色々な意味で用いられる英語の「うるさい」です。

例文: The meeting room is noisy with their conversation.
訳: 会議室は彼らの話し声で騒々しい。

例文: In large and noisy parties like this, I can never tell who’s who.
訳: こんなに賑やかなパーティーでは、誰が誰だかさっぱり分からない。

例文: I could hear Pako Hayashiya’s noisy laughter through the open door.
訳: 開け放したままのドアから林家パー子のにぎやかな笑い声が聞こえた。

loud

(解説)
声や音が大きいという時に使う、「うるさい」です。
耳障りなというニュアンスで用いられることが多い英単語です。

例文: The loud noise caused the cat to freak.
訳: 大きな物音でその猫はおびえてしまった。

例文: Hikaru Ijuin has a very loud snore.
訳: 伊集院光のいびきはとてもうるさい。

chattering

(解説)
ぺちゃくちゃ話す音が「うるさい」という時に使う表現です。

例文: The girls are always chattering about their boyfriends.
訳: その女の子たちは、ボーイフレンドのことをいつもぺちゃくちゃしゃべっている。

talkative

(解説)
話好きな、おしゃべりなという意味で使う表現です。
「うるさい」という意味が含まれる場合もあります。

例文: When Tsurube drinks, he becomes as talkative as may be.
訳: 酒が入ると、釣瓶はむやみとおしゃべりになる。

shouting

(解説)
叫び声・怒鳴り声を上げる、と言う意味で使われる「うるさい」です。

例文: Stay within shouting distance of me.
訳: 私が叫べば聞える所にいなさい。

「うるさい」を意味する英語

screaming

(解説)
叫び声上げる、という意味で使われる「うるさい」です。

例文: Ebisu clicked his tongue when he heard screaming children.
訳: 蛭子は子供たちの叫び声を聞くと舌打ちをした。

shrieking

(解説)
金切り声を上げる、わめきたてるような、という意味で使われる「うるさい」です。

例文: Her shrieking voice set his teeth on edge.
訳: 彼は、彼女の金切り声で歯の根が浮く思いがした。

bawling

(解説)
どなりつける、わめき立てる、という意味で使われる「うるさい」です。
わーんと泣き叫ぶという意味でも用いられます。

例文: The baby was bawling its head off.
訳: 赤ん坊がわーんと泣き叫んだ.

rowdy

(解説)
騒々しいという意味で使われ、がさつなというニュアンスがある、英語の「うるさい」です。

例文: She is more of a spiritual type than her rowdy brother.
訳: 彼女は騒々しい弟に比べるとずっと気品がある。

clamorous

(解説)
騒々しい、やかましいという意味で使われる「うるさい」です。
主に人を描写する場合に用いられる文語表現です。

例文: Shinzo Abe saw a clamorous mob from the prime minister’s official residence.
訳: 安倍晋三は、わめきたてる群集を首相官邸から見ていた。

boisterous

(解説)
陽気に騒々しい時に使われる、英語の「うるさい」です。
人や、人の言動が乱暴だというニュアンスを持ちます。

例文: The audience received Tamori’s reply with boisterous laughter.
訳: 聴衆はタモリの答えを聞いて、どっと笑った。

roister

(解説)
どんちゃん騒ぎをするという時に使われる、英語の「うるさい」です

例文: After roistering about the streets, Sandaime J Soul Brothers finally hauled into the tavern.
訳: 通りでどんちゃん騒ぎをした挙句、三代目J Soul Brothersは居酒屋へたどりついた。

「うるさい」を意味する英語

obstreperous

(解説)
騒がしい、手に負えないという意味で使われる、「うるさい」です。
子どもや酔っ払いなどに対して用いられる英単語です。

例文: The bartender threw out an obstreperous drunk from his bar.
訳: そのバーテンダーはわめき散らす酔っ払いをバーから追い出した。

turbulent

(解説)
暴徒などが、乱暴な、騒々しいという場合に使う、「うるさい」です。
海や風が荒れ狂うという場合にも用いられます。

例文: Things have turned turbulent since that terrorist incident.
訳: あのテロ事件以来世の中が騒々しくなってきた。

例文: The sea grew very turbulent.
訳: 海がとても荒れてきた。

brash

(解説)
音が不快な、耳障りなという時に使う、「うるさい」です。

例文: For me, Hanazawa’s voice is too brash.
訳: 僕には花沢の声が耳障りだ。

clattering

(解説)
がたがた、がちゃがちゃという音が「うるさい」という時に使う表現です。

例文: Eat without clattering your spoon and fork.
訳: フォークやスプーンをがちゃがちゃ鳴らさないで食べなさい。

rackety

(解説)
騒々しいという意味で使われる「うるさい」です。
騒ぎの好きな、というニュアンスがあります。

例文: Michael Tomioka made no apologies for his rackety lifestyle.
訳: マイケル富岡は、その騒々しいライフスタイルについて謝罪しなかった。

vociferous

(解説)
大声で叫ぶ、やかましいという時に使う英単語です。
声・態度や言い方が「うるさい」ときに使われる表現です。

例文: She doesn’t like her vociferous young brothers.
訳: 彼女は騒々しい弟たちが好きではない。

「うるさい」という意味の英語 | まとめ

一口に「うるさい」と言っても、色々な英語表現があります。
紹介した表現全部を一度に覚えるのは難しいですよね。このページをブックマーク登録して、必要な時に見直せるようにして頂けるとうれしいです。
「うるさい」の意味の英語をきちんと使い分けて、あなたの表現力をさらに高めていきましょう。

以上です。是非、他のお勧め記事もご一読下さい。

あなたにお勧めの英語表現の記事はこちら

 - スピーキング