Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

NHKラジオ英会話で使える英語を増やそう : Weekly Review(12月18日)

ラジオ英会話12月

表現を沢山知ってると英語で話す時に便利です。NHKラジオ英会話 12月18日のWeekly Reviewで放送された英語の類似表現を覚えて、状況に応じて使い分けられるようにしましょう。今回はget ~ all wrong, tightの類似表現を見ていきます。

Sponsored Link

ラジオ英会話で放送された英語表現(Linda Meets Scrooge 抜粋)

That Charles Dickens got me all wrong.
あのチャールズ・ディケンズにすっかり誤解されてしまいました。

get ~ all wrongで、「~をすっかり誤解する」という意味です。
類似表現を3つ見ていきましょう。

be at cross-purposes : 互いに誤解して、食い違うことを言って

例文: I’m afraid we’re talking at cross‐purposes.
訳: 私たちの話は食い違っているのではないかな。

get the wrong end of the stick : 物事を完全に誤解する

例文: People readily get the wrong end of the stick.
訳: 人々は物事を完全に誤解しやすい。

be under an illusion : 思い違いをしている、迷想を抱いている

例文: He is under an  illusion that he is a great actor.
訳: 彼は自分を大スターと勘違いしている。

ラジオ英会話で放送された英語表現(Bah, humbug! 抜粋)

Money was tight.
経済的に厳しかったです。

tightで、「厳しい」という意味です。
類似表現を3つ見ていきましょう。

scarce : 乏しい, 不十分な

例文: Fresh vegetables are scarce in winter.
訳: 冬は生鮮野菜が乏しい。

scanty : 乏しい、わずかな

例文: The wheat crop was scanty this year.
訳: 小麦の収穫は今年は少なかった。

meager : 貧弱な、不十分な

例文: He makes a meager living from his small farm.
訳: 彼は小さな農場をやって細々と生きている。

その他のラジオ英会話の記事はこちら

 - ラジオ英会話 ,