Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

NHKラジオ英会話で使える英語を増やそう : Turning Point in Life

ラジオ英会話12月

沢山の英語表現を知ってると英語で話す時に役立ちます。Turning Point in Life : 『人生の転換点』で放送された英語の類似表現を覚えて状況に応じて使い分けましょう。今回はscaryの類似表現を紹介します。

Sponsored Link

Sponsored Link

ラジオ英会話で放送された英語表現(抜粋)

That sounds scary
怖そうですね。

scaryで、「怖い」, 「恐ろしい」という意味ですね。類似表現を4つ見てみましょう。

frightening : ぞっとさせる、驚くべき

例文: These frightening statistics give us pause.
訳: これらの驚くべき統計には考えさせられる。

terrifying : ぞっとさせる、恐れさせる

例文: Their blind acceptance of whatever they are told by the media is terrifying.
訳: 彼らがマスメディアの伝えることを何でも盲目的に信じてしまうのはぞっとするほど恐ろしい。

※ frighteningよりも「怖さ」の度合いが強い表現です。

horrifying : 恐ろしい、ぞっとする

例文: His eyes rested upon the horrifying spectacle.
訳: 恐ろしい光景が彼の目に留まった。

chilling : ぞっとする、ぞくっとする、身の毛もよだつ

例文: A chilling thought stopped her in mid-sentence.
訳: ぞっとするような考えが浮かんで彼女は途中で言葉を切った。

※ 怖いという意味の英語表現は、『「怖い」を意味する英語表現を解説・例文付きで20個紹介します』で記事にしています。是非、併せてお読み下さい。

 - ラジオ英会話 ,