Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

NHKラジオ英会話で使える英語を増やそう : The Procrastinator

      2015/10/20

ラジオ英会話10月

沢山の英語表現を知ってると英語で話す時に役立ちます。The Procrastinator : 『すぐやらぬ人』で放送された英語の類似表現を覚えて、状況に応じて使い分けられるようにしましょう。今回はknock oneself out toの類似表現4つを例文と一緒に見ていきましょう。

Sponsored Link

ラジオ英会話で放送された英語表現(抜粋)

Nope. I’ll have to knock myself out to finish it on time.
いいや。死ぬ気で間に合わせないといけない。

knock oneself out to~で、「死ぬ気で頑張って~する」という意味です。
類似表現を4つ見てみましょう。

knock oneself out to~の類似表現

give ~ all one’s got

意味: ~に全力を注ぐ
用例: I’ve got no chance of winning but I’m going to give it all I’ve got.
訳: 勝ち目は無いが全力を尽くします。

give one’s all

意味: 全てをささげる、全財産をつぎ込む
用例: I gave my all for this firm, and my efforts have paid off.
訳: 私はこの会社にすべてを捧げたが、努力のかいがあったよ。

go for broke

意味: 全財産をつぎ込む、全力を尽くす
用例: We’ve got no choice but to go for broke here.
訳: ここはもう全力を尽くすしかない。

go for it

意味: 勝負に出る、一か八かやってみる
用例: Now is the time to go for it.
訳: 今こそ勝負に出るべき時だ。

以上、knock oneself out toの類似表現でした。その他のラジオ英会話の記事は下のリンクからどうぞ!

その他のラジオ英会話の記事はこちら

 - ラジオ英会話 ,