Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

NHK実践ビジネス英語で語彙を増やす:Defusing Bullying(2)

      2015/10/20

実践ビジネス英語9月

NHK実践ビジネス英語 Defusing Bullying(2) 『いじめをなくす(2)』に出てきた英単語・フレーズを覚えやすくするため、用例を付け加えています。必要に応じて関連語も記載しています。放送された語彙を能動的に使えるようにするため、ぜひ参考にしてください。

Sponsored Link

Words and Phrasesで説明された英単語・フレーズの用例

school absenteeism : 不登校、登校拒否

用例: A survey reveals that school absenteeism is close to 10 percent in Japanese school.
訳: ある調査は日本の学校における登校拒否の割合が10パーセントに近いことを明らかにした。

self-esteem : 自尊心

用例: I am low in self‐esteem.
訳: 僕は自尊心が低い。

anxiety and depression : 不安と絶望感

用例: Kazuko Hosoki felt sick with anxiety and depression.
訳: 細木数子は不安と絶望感で気分が悪くなった。

Don’t I know it. : そんなことは知っている[わかっている]。

用例: I’ve been a fool and don’t I know it.
訳: 確かにばかだったなあ。

exploit : 不当に利用する、食い物にする

用例: Some members of EXILE see women as objects to be exploited for their personal satisfaction.
訳: 何人かのEXILEメンバーは、女性を自分の個人的満足のために利用する対象として見ている。

make life hell for : (人)を苦しめる、(人)をひどい目に遭わせる

用例: That teacher made life hell for me with mathematics.
訳: あの先生には数学でひどい目に遭わされて嫌になった。

get over : (つらい経験や病気など)を克服する[乗り越える]

用例: I cannot get over the shock.
訳: 僕はそのショックを克服できない。

empower : (~する)能力[権限]を与える、(~することを)可能にする

用例: The police are empowered to search any suspicious person.
訳: 警察はどんな容疑者にも所持品検査をする権限を与えられている。

in one way or another : 何らかの形[方法]で、いろいろな方法で

用例: When you see a doctor, in one way or another it costs money.
訳: 医者に行くと何かと金がかかる。

frightening statistic : 恐ろしい[ぎょっとするような]統計的データ

用例: A police officer showed Tashiro the frightening statistics about drug abuse
訳: 警官は田代に、麻薬乱用についての恐ろしい統計を見せた。

※ 「恐ろしい」、「怖い」という意味の英語については、『『怖い』を意味する英語表現を解説・例文付きで20個紹介します』でまとめています。是非、参考にして下さい。

Word Watchで紹介された英語フレーズの用例

garbage : くだらない[つまらない]考え

用例: Her writings were dismissed as pure garbage.
訳: 彼女の書いたものは全くくだらないものとして片付けられた。

Say what you meanで出題された英単語・英語フレーズの用例

claim : (真偽が明確ではないことを)主張する

用例:  Ebisu claimed that he would beat Yosuke Tagawa at arm wrestling.
訳: 蛭子は腕相撲で太川陽介に勝てると主張した。

Quote … Unquoteで紹介されたビジネス英語に関係のある金言・格言の出典

紹介されたフレーズ:
A little learning, indeed, may be a dangerous thing, but the want of learning is a calamity to any people.
生半可な知識は確かに危険なものかもしれないが、知識の欠如はだれにとっても大きな災いである。

アメリカの奴隷制度廃止運動家、新聞社主宰、政治家のフレデリック・ダグラスの言葉とされていますが、具体的な出典は不明です。

その他の実践ビジネス英語の記事

 - 実践ビジネス英語 ,