Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

TOEIC900以上だからこそ抑えておこう!転職の時に大切な3つのこと!

TOEIC900以上だからこそ抑えておこう!転職の時に大切な3つのこと!

始めに言っておくと、
TOEIC900転職に役立ちます。

TOEIC900以上なら実感してると思いますが、

この英語力自体は大したことありません。

地道に英語を勉強していれば、
いつかは到達できるスコアです。

ただ、

英語の勉強」

を、

地道に続ける」

ということが、
世の多くの人にはできません。

だからこそTOEIC900は、
評価されるんです。

もちろんTOEIC900というだけでは、
転職はうまくいきません。

TOEIC900だろうとなんだろうと、
良い転職をするならやはり、
しっかりした準備が必要です。

Sponsored Link

TOEIC900以上の転職で大切なこと1: 英語力を見直す

TOEIC900を活かして転職するなら、
まず、英語力を見直しましょう!

TOEIC900以上の人は、
大きく2つに分けられます。

  1. TOEIC900以上で英語が話せる書ける
  2. TOEIC900以上なのに英語が話せない書けない

1の人が大半だけれど、

2の人も一定数いるというのが、私の実感です。

TOEICで測られるのは、
簡単な英語のリスニング力
文法の知識、英文を読む速さだけですからね。

TOEIC対策の勉強だけしてたら、
そうなるのは必然です。

さて、2に当てはまる人は
どうすれば良い転職ができるのか?

簡単です。

  • 英語が話せて
  • 英語が書ける

ようになればいいだけです。

TOEIC900なのに英語が話せないなら…

当たり前ですが、話す練習をしましょう。

話す練習には2つあります。

  • 一人でするトレーニング
    と、
  • 相手のいる英会話

です。

◆一人でするトレーニング

一人でするトレーニングで一番おすすめなのは、スタディサプリ Englishです。

リクルートの提供するアプリで、
ドラマ形式で英語のレッスンを進めていくというもの。

スタディサプリ Englishのなかに

なりきりスピーキング

という機能があるのですが、
スピーキング力をあげるのに最適です。

メインのレッスンを終えた後、

登場人物になりきってスマホ  / パソコンに向かって英語を話す

というものなのですが、
その際の発音を判定してくれるんです。

  • Good
  • Great

と判定されれば良いんですが、
英語力を伸ばすためのトレーニングなので

全てGreat

狙いましょう!

このアプリでは

自分の発音を聴き返す

ことができるので、
面白いですよ。

私の場合、

こんなにボソボソと英語話してるのかぁ…

と衝撃を受けました^^;

この記事を読んでるほどの実力者なら、

最高レベルの7

から始めていいでしょう。

ちょっと難しいと思ったら、
レベル56に変更してみてください。

無料で試せるので、
ぜひダウンロードしてみてくださいね。

本を使って一人でトレーニングするなら、
↓の瞬間英作文シリーズを使うのがおすすめです。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

この本では、簡単な英文を文型ごとにまとめています。

1つの文型あたり、
10の日本語文とそれに対応した英文があり、

簡単な英作文をしながら、
脳に長期記憶としてすりこむことを、
目的とした本です。

英文は驚くほど簡単ですが、
しっかり取り組めば、結果は自ずとついてきます。

TOEIC900以上あるなら、
「どんどん話す~」をこなせば
英語を話す力が自然とつくとは思います。
(元々英文法の知識はあるので)

一冊だけでは不安だという場合、
↓の2つの続編をおすすめしておきます。

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス(CD付) (CD BOOK)

◆相手のいる英会話

瞬間英作文トレーニングと平行して、
英会話の練習もしましょう。

一昔前は、
英会話スクールに行く必要がありましたが、

今は自宅でもどこでも、
英会話レッスンが受けられます。

TOEIC900以上ならどのサービスを使っても話せるようになると思いますが、

「仕事」に活かすという点に特化したものは、
ビズメイツでしょう。

参考記事:

TOEIC900なのに英語が書けないなら…

TOEIC900以上であれば、
基礎的な英語の知識はありますね。

今から覚えることは、

正しい英文の書きかた

だけです。

ちゃんとした英文を書くのには、
↓の参考書がおすすめです。

英文構成法
(Amazonに飛びます)

大学受験生向けの参考書ですが、
日本人向けに作られたものでは、
最高の本だと思います。

この本を徹底的にやり込めば、
どこに転職しても、英語を書くことについては困らないはずです。

次からは、

転職を成功させるために必要なこと

を書いていきます。

TOEIC900以上の転職で大切なこと2: 転職のプロを最大限利用する

まず、TOEIC900などの英語力に関係なく
転職において一番大切だと思うことをお伝えしますね。

転職を成功させるには、プロの協力が不可欠です。

つまり、転職エージェントを活用しましょう。

エージェントに転職のお手伝いを
お願いするメリットは、

転職に関する煩わしい作業から解放される

こと。

就職と違って転職活動は、
働きながら、毎回、履歴書を書いて、
その上、職務経歴書も書かなくてはいけません。

面談する会社が多くなればなるほど、
先方との面接のアポイント調整も面倒になります。

転職サイト」に登録すると、
自分でこれらを自分でやらなくてはいけません。

書類作成で転職活動が疎かになっては、
本末転倒だと思いませんか?

エージェントは
そういった煩わしいことを処理してくれます。

あなたがやるのは、

  • 履歴書・職務経歴書を一度だけ書く
  • エージェントがアポを取り、紹介してくれた企業と面接する

ことだけ。

職務経歴書の書き方は、
エージェントが無料でアドバイスをくれます。

ちなみに一部のエージェントは、
転職先の紹介にお金を取りますが、
このサイトで紹介するエージェントは無料です。

選任のアドバイザーが
あなたと一緒に、転職を通じたキャリアプランを考えてくれます。

転職エージェントを利用し始める際、
最初にやってほしいのは、社会人生活でやってきたことを

箇条書き

にすること。

TOEIC900以上の転職で大切なこと3」でもご提案しますが、

「凄い」と思えないような仕事も
どんどん箇条書きで書き出したほうがいいですよ。

それは、
自分では大したことないと思っていても、
客観的に見る、

大きな強み

である場合があるから。

とにかく
仕事でやったことは全て箇条書きにして、
エージェントに伝えましょう。

エージェントは転職のプロです。

積極的にアピールすれば、
あなたに一番あった転職先を見つけてくれるでしょう。

おすすめのエージェント

私自身リクルートエージェントを使って、
年収をアップさせたことがあります。

英語力を売りにしたい人

が多く使っている印象です。

転職成功実績もNO1だし、
他のエージェントに思い入れがなければ、
リクルートエージェントの利用をおすすめします。

ちなみにですが、
経験から言うと社会人経験が少ない場合、
リクルートのエージェントと面談しても、

年収アップは望めない

と言われることがあります。

私は社会人4年目の際にそう言われました(笑)

その時点でTOEIC900はあったんですが…。

まぁ、正直にそう話してくれるのは、

ライアントをただの商売道具と見ていない

ということなので、
私はリクルートエージェントはいい転職エージェントだと思っています。

以前は登録に2時間弱かかったんですが、
今は数分で登録ができます。

まず1歩を踏み出す気持ちで、
登録してみてください。

ちなみに、
私の知人でTOEIC900以上の人は、
リクルートエージェントの利用率が高いです。

例えば、
私の以前の同僚(女性・TOEIC970)も、
リクルートエージェントを使って転職しました。

もともと転職は考えてなかったようなのですが、

子どもが小学校に上がるので学費のために

というのが、
その理由でした。

こういう事例もあるので、

  • 今すぐ転職したい
  • いつか転職したい

のいずれにしても、
登録しておいたほうが良いでしょう。


この女性にはインタビューをしています。

登録がもしまだなら、
早めに登録しましょう。

リクルートエージェント以外だと、
JACリクルートメントが英語を活かした転職に強いです。

リクルートエージェントはちょっと…

と思うなら、JACリクルートメントをおすすめします。

TOEIC900以上の転職で大切なこと3: 英語以外の強みをアピール

「大切なこと2」で
箇条書きをおすすめしたのは、
英語以外の強みをアピールしてほしいからです。

あなたは英語以外に何ができますか?

英語ができるだけでは、良い転職は難しいかもしれません

英語力だけが必要なら、
日本にゴマンといる英語圏出身者を
雇えばいいだけです。

英語しかできない社会人なんていない

そんなことは分かった上で書いています。

気をつけてほしいのは、転職の時に

英語力だけを自分の強みとしてアピールしてはいけない

ということ。

英語ができる、+「何か」ができる

ということをアピールしましょう。

英語以外の「強み」をどんどん思いつくために、

箇条書きが必要

なんです。

  • 商品をこれだけ売った
  • こんな商品を開発した
  • 商品の仕入額をこれだけ下げた
  • 新規顧客をこれだけ開拓した
  • プログラミング言語を使える
  • こんな広告を出稿した
  • 会社の宴会で幹事をやった
    etc

自分で「凄い」と思えないことも、
思いつくままどんどん紙に書きましょう。

この強みを活かせるかどうか
転職エージェントと話しあって、
転職を成功させましょう!

 

TOEIC900以上の転職で大切なことまとめ

TOEIC900以上の転職では、

3つのことが大切です。

  • 英語力を見直す
  • 英語以外の強みをアピール
  • 転職のプロを最大限利用する

でしたね。

英語力の見直しは、
英語が話せてかければ問題ありません。

スタディサプリEnglishや、
オンライン英会話を利用しましょう。

志望企業に英語以外の強みをアピールするのには、

転職エージェント

の利用が一番です。

リクルートエージェント』や
JACリクルートメント』で、英語以外の強みを見つけて転職を成功させましょう!

TOEIC900以上の転職を応援しています!

関連記事:

 - 転職