Upgrade Our English

英語を学ぶ全ての人を応援する学習情報サイト

*

ウォーキング・デッド(生き残るための方法)のあらすじと使える英語表現

      2015/12/04

ウォーキング・デッド シーズン2(最後の銃弾)のあらすじと使える英語表現

海外ドラマは楽しみながら英語を学ぶのに格好の素材。面白い作品だと勉強が止まらなくなります。できれば英語字幕で見たほうがいいです。「生き残るための方法」に出てきた表現を紹介します。記事を読んでからドラマをみれば自然な英語力が身につきます。

Sponsored Link

この記事は、『ウォーキング・デッド(目覚めの朝)のあらすじと使える英語表現』の続きです。
上の記事を未読の人は、先に読んでおくことをお勧めします。

少しだけネタばれがありますのでご注意下さい。先に記事を読んでも、作品の面白さが損なわれることは無いと思います。

この記事は以下の構成になっています。

  • ウォーキング・デッド(生き残るための方法)あらすじ
  • ドラマに出てきた覚えておきたい英語表現

ウォーキング・デッド(生き残るための勇気)あらすじ

(あらすじここから)

前回のラストのほうで、主人公リックの妻のローリとカールが、生き残っていることが判明しました。
リックの同僚で友達の、シェーンも一緒です。

今回は初っ端から、カールとシェーンのラブシーンがあります。哀れリックは、そのことを知りません。

前回、戦車の中に閉じ込められて絶体絶命のピンチに陥っていたリックは、グレンと言う韓国系アメリカ人の青年に助けられます。グレンは物資調達と生存者確認のために、街に来ていたのです。

その後、リックのちょっとした行動から、リックとグレン、そしてその仲間達は、周りをウォーカー(ゾンビ)に囲まれたデパートに閉じ込められてしまいます。

果たして、リックたちはこのピンチをどう乗り切るのでしょうか。

(あらすじここまで)

本編の面白さを損なわないようにあらすじを書くとこんな感じです。
この記事を読んでいる方は、是非、本編を見てください。面白いですよ。

ドラマに出てきた覚えておきたい英語表現 | ウォーキング・デッド(生き残るための方法)

We’re surviving this pulling together – not apart. : 俺達はこの状況を協力して生き延びるんだ、バラバラにじゃない。

※ pull together = 協力する、強調する
※ pull apart = バラバラになる

Little red dot means it’s ready to fire. : 小さな赤い点が出ていれば撃てる。

※ be ready to = ~する準備ができている、~することができる

I’m hoping to hear somebody’s voice, ‘cause I’m getting sick and tired of hearing mine : 誰か声を聞かせてくれ、自分の声を聞くのにうんざりしているんだ。

※ get sick and tired of = ~にうんざりする、~に飽き飽きする

Why no take it? : 持ってちゃったらどうだい?

※ Why not ~? = どうして~しないの?

There’s a cop staring at me. : おまわりさんが見てるから。

※ stare at = 見ている、凝視している

Would it be considered looting? : これは略奪になるのかしら?

※ loot = 略奪する

They already got through one set of doors, that glass won’t hold forever. : あいつらはガラスを1組突破してるんだ、あのガラスもずっとは持たない。

※ get through = 通り抜ける、通過する
※ hold = 耐える、持ちこたえる

Worrying won’t make it better. : 悩んでも良くはならんよ。

We’re in some deep shit. : まずいことになっちまった。

※ in deep shit = まずいことになって、ひどいことになって

We’re trapped in the department store. : デパートに閉じ込められている。

※ be trapped in = ~に 閉じ込められる

She volunteered to go, to help the rest of us. : 他の仲間を助けるために、彼女は自発的に行ったのよ。

※ be volunteered to ~ = 自発的に~する、進んで~する

まとめ | ウォーキング・デッド(生き残るための勇気)

二話目にして、かなりグロテスクなシーンが出てきます。

この回の原題はGutsと言います。
gutというのは、「内臓」という意味です。(狭義には、消化管、腸という意味)
この回は「内臓」が沢山出てきます。ホラー好きにはたまりませんよ。

覚えておきたい英語表現の和訳は、私によるものです。
公式の字幕は参照していません。
この記事を読んだ方は、英語字幕と日本語字幕を見比べてみるのも面白いと思います。

Huluであれば、この回は日本語字幕も英語字幕も見ることができます。
既に登録している方は、チェックして見てください。

未登録の方も、公式サイトで2週間無料のトライアルを申し込めば、1話目から見ることができます。

Hulu

※ 紹介している作品は、2015年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

あなたにお勧めの英語学習の記事

 - ドラマ